勃起不全は「勃起しない」ことだけが勃起不全ではない。性行為の途中で勃起状態を維持できない「中折れ」も勃起不全に該当する。始めは良くても最後までいけないなんて…。その改善策をご提案します。

福岡のクリニックで勃起不全治療なら食べ物もこだわる

福岡のクリニックで勃起不全の治療を受ける方は、食べ物の改善を求められることもあります。
血液の質を決めるのは、食べ物だからです。
ネットの健康サイトを見ても、血流をサラサラにする食べ物、血液をドロドロにする食べ物などが紹介されています。
野菜をあまり食べない方は勃起不全のリスクが高いですが、これは脂肪を摂り過ぎて血液がドロドロになってしまうからです。
野菜の摂取が少ない方は、相対的に肉類の摂取が多い傾向があります。
動物性脂肪は血管内で溶けにくく、脂質異常症の原因になります。
魚の油に関しては、むしろ摂取したほうがいいです。
肉の脂を溶かしてくれるため、肉の代わりに魚を食べるようにしましょう。

福岡のクリニックでは、勃起不全の治療薬としてバイアグラ、レビトラ、シアリスを処方しています。
ジェネリック医薬品に関しては、特許の切れたバイアグラのみ処方しています。
正規のバイアグラと比較して、8割程度の価格に抑えられています。
レビトラ、シアリスのジェネリックに関しては、福岡を含む日本のクリニックでは処方していません。
個人輸入の通販サイトで海外から取り寄せる以外に入手ルートはありません。

勃起不全を解消するには、飲み物にもこだわるべきです。
水は不足しないように、こまめに摂取しましょう。
お茶でも代用できますが、カフェインを含むお茶は利尿作用があるので飲みすぎはいけません。
水分が排出されすぎると、脱水症状を引き起こすことがあります。
アルコールも同様であり、飲みすぎはいけません。
大量に飲酒すると水分が欲しくなる理由は、アルコールにより脱水症状が引き起こされるからです。
血液をサラサラにするには、ぬるま湯、ノンカフェインのお茶などがおすすめです。