勃起不全は「勃起しない」ことだけが勃起不全ではない。性行為の途中で勃起状態を維持できない「中折れ」も勃起不全に該当する。始めは良くても最後までいけないなんて…。その改善策をご提案します。

失恋の原因ともなる勃起不全の発症率

勃起不全に悩んでいる人は、たくさんいます。
勃起不全の発症者は全国に1130万人いて、年齢を重ねるごとにその発症率は上がると言われています。
その原因は様々にあります。
高血圧や糖尿病などの病気から運動不足や肥満、ストレスやプレッシャー男性ホルモンの分泌低下など、挙げれば切りがないほどなのです。
それほど多くの人が悩んでいるのですが、デリケートな問題なので親しい人にも相談しづらいですし、病院に行くのも恥ずかしいと考えている人がたくさんいるのです。
また勃起不全になってしまうと性行為ができなくなる場合があるので、付き合っている彼女がいても性行為ができないために、それが原因で振られてしまうこともあるのです。
ですから、それが原因で失恋してしまう人もけっこういるのです。
そのようなことを防ぐためにも、医療機関に相談して治療をした方が良いのです。
せっかく彼女ができてもそのために別れるのは辛いことですし、将来子供が欲しくても今の状態のままだとそれも難しくなってしまうのです。
ですからしっかりとした医療機関に診てもらう必要があるのです。
勃起不全においては、注目するき点もあります。
それは、ヘルペス感染の既往歴のある人は、勃起不全の発症率が高まるという報告がされていることです。
ヘルペス感染はよく知っている人も多いとは思いますが、過度なストレスにさらされたり疲れてくると口の周りに出てくる水疱と同じ病気の一種です。
このヘルペス感染と勃起不全とは、直接的関連性も指摘されるようになっているのです。
しかしヘルペス感染の既往歴があっても、それを防ぐことは可能です。
それを防ぐには、定期的に運動をすることと食生活に気を付けることです。
この2つの点に注意すれば、勃起不全を防ぐことは可能なのです。