勃起不全は「勃起しない」ことだけが勃起不全ではない。性行為の途中で勃起状態を維持できない「中折れ」も勃起不全に該当する。始めは良くても最後までいけないなんて…。その改善策をご提案します。

勃起を維持する3つの方法

パートナーとセックスをしているとき、最初はよかったのですが、いつの間にか、ペニスがふにゃふにゃということはありませんか?若いうちはいつでもギンギンだったのですが、加齢とともに男性の勃起力や維持力は落ちてきます。
また、最近では、EDと呼ばれている「勃起不全」も有りますので、高齢者に限ったことでは有りません。
そこで、パートナーをがっかりさせないためにもまたは男性が恥ずかしい思いをしないためにも勃起を維持する3つの方法をご説明します。

1.普段からPC筋を鍛える。

ペニスは、筋肉がありません。
ペニスが大きくなるのは、脳が刺激されると、ペニスに勢いよく血流が流れ込み、それをPC筋で栓をするように支えているからです。
そのために、PC筋が弱いと、十分に維持できないために、維持することが難しくなります。
そのために、PC筋を鍛えることが大切です。
方法は、肛門を締める練習をするだけ。
PC筋は、肛門付近の筋肉のために、肛門括約筋を締めるトレーニングをするだけでPC筋も同時に鍛えられます。

2.性交中は、脳とペニスを刺激し続ける。

若くて元気なときだけは、何もしなくてもすぐにペニスは大きくなりますが、加齢につれて、勃起はするのですが持続力がなくなり、しぼんでしまいます。
そのしぼむ主な理由は、刺激が少なくなったからです。
そのため、セックスの最中では脳では絶えず刺激的なことを想像し、また、ペニスは彼女に刺激してもらうか、または、刺激が足りなくなってしぼむことがないように、手で刺激し続けるようにしてください。

3.勃起不全治療薬を服用する。

どうしても、1.2で勃起状態が維持できない場合は、バイアグラなどの勃起不全治療薬を服用します。
これらの薬は、血流の流れをよくするだけでなく、持続力を高めてくれます。

特に2の方法は、若いうちにはあまり必要がなかったために、気づきにくいことがありますので、注意が必要です。